LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

概要

国立病院機構まつもと医療センターセンターは、1945年4月に経営母体を同じくする松本病院と中信松本病院が組織統合してできた病院です。それまで、松本病院と中信松本病院は国が運営する公的な病院として、それぞれの時代のニーズに応じた役割を果たしてきました。松本病院は、1908年の松本衛戍(えいじゅ)病院としての創設に遡ります。1936年に松本陸軍病院となり、戦後に厚生省に移管されました。中信松本病院は、1996年に松本城山病院と東松本病院の二つの国立療養所が東松本病院として統合して発足しました。松本城山病院は 1940年の長野県立結核療養所、東松本病院は1944年の日本医療団御母家奨健寮の創設がそれぞれの発祥の母体となりました。2004年4月に両病院は独立行政法人国立病院機構に移管し、それぞれ国立病院機構松本病院、国立病院機構中信松本病院となりました。2008年4月に両病院は組織統合して国立病院機構まつもと医療センターとなり、一組織2病院での運営が始まりました。2018 年5月1日中信松本病院が松本病院のある村井の地に移転し、国立病院機構まつもと医療センターの一体化が完成し、今日に至ります。

独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

所在地 〒399-8701 長野県松本市村井町南2丁目20番30号
TEL:0263-58-4567 FAX:0263-86-3183
標榜診療科 内科、消化器内科、循環器内科、血液内科、呼吸器内科、脳神経内科、
外科、整形外科脳神経外科、呼吸器外科、小児科、皮膚科、泌尿器科、
救急科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、
放射線科、麻酔科、病理診断科、歯科(院内対応)
病床の状況(医療法の定床) 総病床数458床、一般病床437床(うち重症心身障がい児(者)100床)、結核病床21床