認定看護師

皮膚排泄ケア(WOC)

皮膚排泄ケア認定看護師とは

私たちの役割は、ストーマ・褥瘡・失禁に伴い生じる問題を、専門的な知識・技術を用いて解決することです。

院内ではコンサルテーションを受け、褥瘡など傷のケアやストーマケアをスタッフと共に行っています。

また、ストーマ外来などを通し、自宅に戻られた方のサポートを行っています。体の不調は全身を覆う皮膚に顕著に現れます。

また、排泄ケアは、誰でも24時間365日繰り返し必要なケアであり、患者さんの『生活の質』に大きく関係します。

なかなか相談しにくいことも、患者さんとともにより良い解決方法を見つけられるように、寄り添う気持ちを忘れず活動しています。

緩和ケア

緩和ケア認定看護師とは

緩和ケアとは「生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者と家族の痛み、その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期に同定し適切に評価し対応することを通して、苦痛を緩和することにより、患者と家族のQOLを改善する取り組みである。」(WHOの定義)。

主にがん患者さんと家族を、がんと診断されたときから最期の時まで全人的に捉え、適切なアセスメントを行いケアを提供していくための教育をうけました。

現在はがん患者のみでなく、非がん患者・家族への緩和ケアを提供ができるような働きがあります。

がん化学療法

がん化学療法看護認定看護師とは

がん化学療法看護認定看護師の役割は、化学療法の適応となった患者さんが納得して治療を受けられ、且つ、治療が安全・安楽・確実に行われるよう支援していくことです。

化学療法の適応となった患者さんやその家族に対し、化学療法についての基礎知識の提供や、治療に対する不安や副作用への対応をすることで、患者さん自身が重篤な副作用を起こすことなく、安心して治療が継続または完遂できることを目標にしています。

また、スタッフに対しても、化学療法に関する勉強会などを企画・運営し、知識の向上に繋げられるよう努めています。

感染管理

感染管理認定看護師とは

感染管理認定看護師の役割は、施設内全ての人を感染から守ることです。そのために、医療関連感染(院内感染)の発生の監視、感染防止技術の指導、マニュアルの整備、感染対策に関する相談対応、職業感染対策、病院環境の適正化、病院全体の感染管理システムの構築を行っています。

特に、職員が正しい感染対策を行えるように各種研修会の開催や手指衛生の指導を毎年行っています。

また、院内の環境や職員の感染対策遵守状況の確認のためにラウンドを行っています。ラウンドで明らかになった問題に対して、各部署や各専門職と連携を取りながら解決しています。

救急看護

救急看護認定看護師とは

救急看護師の役割は、心肺停止した患者への一分一秒を争う救急蘇生処置から、創傷等の手当などの救急処置を医師の指示のもと迅速かつ的確に行うことが期待されています。

救急医療の特徴として幅広い知識と現場実践能力を身に着けていなくてはなりません。同時に救急医療をスムーズかつスピーディーに患者に提供するにはチームワークが大切です。医師・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師と連絡を取り合い、調整役を担うことも救急看護師に求められています。

当院は救命センターを併設していないため、現場での活動は限定的です。しかし、現在の救急医療分野では「急変予防や気づき」「病院前救護」が重要であると考えから、看護師のアセスメント能力向上・技術習得のための院内研修を行っています。また院外にも積極的に飛び出し、小学生や地域住民に対して「救急蘇生の輪」を広げるべく活動しています。

 

センター内にはその他の、認定看護師資格を持っている看護師もおり、院内の教育やチーム医療の中で活躍しており、看護部は、活動に対し支援を行っております。