LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

診療内容

当センターの循環器内科では、心臓や血管の疾患の診断・治療にあたっています。
具体的に心臓疾患とは、心臓弁膜症、心筋・心膜疾患、虚血性心疾患、不整脈、高血圧性心疾患などです。また、それらが増悪して心臓の働きが低下した状態、つまり心不全と呼ばれる病態も扱います。近年高齢化社会となり、心不全の患者さんは非常に増加しておりますし、いったん改善しても再度心不全が悪化し治療を繰り返す方も増えています。
血管疾患は、大動脈瘤、大動脈解離、閉塞性動脈硬化症、深部静脈血栓症、肺血栓塞栓症などがあります。血管疾患の中でも、動脈疾患は動脈硬化を基盤にしたものが多く、やはり高齢の方に増えてくる疾患です。

上記の疾患をまず確定診断するために、採血、心電図、レントゲン、心エコーなどを行います。さらに、運動負荷心電図やホルター心電図(24時間心電図)、冠動脈CT、心筋シンチ、血管CT、下肢動静脈エコーなど疾患に即した検査をすすめます。必要であれば入院していただいて心臓カテーテル検査を予定することもあります。

確定診断がおりると、ガイドラインにのっとった治療を行っていきます。基本的には酸素療法、服薬調整、点滴療法が主体です。

診療実績

月別入院患者数

疾患別入院患者数

心臓カテーテル室使用総数

心臓カテーテル室使用総数とは、心臓カテーテル検査、一時ペーシング、永久ペースメーカー植え込み、ペースメーカー電池交換、下大静脈フィルター留置を含みます。2017年は件数が増えました。

循環器核医学検査総数

核医学とは、微量の放射性同位元素を用いて、主に虚血性心疾患の有無を調べる検査で、当科の場合は心筋シンチとも呼びます。新棟完成とともに機器が新しくなり、詳細な検査が可能となり検査数も増えました。

心臓超音波検査

心臓超音波検査は、超音波を使いますので体に害はありません。実際に心臓の動いている様子や、血液の流れる様子がわかりますので、心臓弁膜症や心筋症、虚血性心疾患をはじめとしてほぼすべての心疾患を対象に施行します。毎年着実に件数が増えています。

下肢超音波検査総数

下肢超音波検査は、下肢動脈と下肢静脈のふたつに分かれます。
下肢動脈の場合は、動脈硬化で動脈がつまっていないかを調べます。
下肢静脈の場合は、いわゆるエコノミークラス症候群のように静脈内に血栓ができていないかを調べます。術後や寝たきり状態でも血栓は容易にできます。超音波検査は無侵襲なので、繰り返し検査ができます。

リハビリ延べ実施件数

心臓や血管の疾患にとってリハビリはとても重要です。専門の理学療法士・作業療法士・言語療法士が担当します。その方の心臓・血管の状態に即したリハビリを行い、もとの日常生活レベルに戻せるように積極的に介入しています。年々リハビリ件数は増えています。

診療体制

常勤医3名が診療を担当しています。さらに非常勤医4名が週に半日ずつ外来診療を行います。常勤医は外来診療に加え、入院患者さんの診療や検査を行っています。医師が行う検査は、冠動脈CT、心筋シンチ、心臓カテーテル検査などです。

研究・治験

  • 長野県における心不全の実態に関する観察研究
  • 既存の経口凝固薬の投与が困難な80歳以上の非弁膜症性心房細動患者を対象とした多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検比較試験
  • 非弁膜症性心房細動を有する後期高齢患者を対象とした前向き観察研究「ANAFIE Registry」

スタッフ