LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

診療内容

皮膚科では、湿疹、皮膚炎、アトピー性皮膚炎、かぶれ、手荒れ、蕁麻疹、乾燥肌、虫刺され、にきび、細菌感染症(とびひ、おでき、蜂窩織炎、丹毒など)、真菌感染症(水虫、カンジダ、癜風など)、ウイルス感染症(ヘルペス、帯状疱疹、水痘、いぼ、リンゴ病、手足口病など)、その他の感染症(疥癬、ケジラミ、アタマジラミなど)、乾癬、掌蹠膿疱症、類天疱瘡、天疱瘡、膠原病、円形脱毛症、アレルギー(食物、薬剤、金属、花粉症など)、熱傷、褥瘡、皮膚潰瘍、皮膚良性腫瘍、皮膚がんなど様々な皮膚の疾患を診療しております。

皮膚科専門医として丁寧な問診と診察を心がけ、適切な検査を積極的に行って、可能な限りの原因究明と正確な診断を行い、日本皮膚科学会のガイドラインなどの医学的根拠に基づいた治療を安全に提供するよう心がけております。

アレルギー性皮膚疾患
パッチテスト、プリックテスト、血液中のアレルゲン特異的IgE、薬剤リンパ球刺激試験(DLST)などの検査を行い、原因を調べます。アトピー性皮膚炎等では、適切なステロイド外用と保湿スキンケア、抗アレルギー剤内服などを主体とした治療を行い、患者さんの状態に合わせた生活指導等も行います。
感染性皮膚疾患
細菌培養、真菌鏡検、ウイルス抗体検査などを行って、可能な限り原因を明らかにし、速やかに適切な治療(抗菌薬や抗ウィルス薬の内服、点滴など)を行います。
皮膚良性腫瘍・皮膚がん
皮膚生検による病理組織学的診断、画像診断などを行い、病変の評価、全身分布について把握し、手術などの治療方針を決定します。

地域の医療機関と連携し、皮膚疾患の診療を通して地域医療に貢献できるよう努めます。

診療実績(平成28年度)

入院診療実績 総入院数 692人(新入院数 82人)
入院主要疾患 帯状疱疹、成人水痘、細菌感染症(丹毒、蜂窩織炎など)、薬疹・中毒疹、じんま疹、水疱性類天疱瘡、皮膚悪性腫瘍、皮膚良性腫瘍、褥瘡・皮膚潰瘍、熱傷など
手術総件数 145件(局所麻酔)
主要手術疾患 皮膚良性腫瘍・母斑、皮膚悪性腫瘍(有棘細胞癌、ボーエン病、日光角化症、基底細胞癌)など
外来診療実績 総患者数 5,678人
外来主要疾患 湿疹・皮膚炎(アトピー性皮膚炎を含む)、帯状疱疹、単純ヘルペス、ざ瘡、蜂窩織炎、丹毒、皮膚真菌症、蕁麻疹、薬疹・中毒疹、乾癬、角化症、水疱性類天疱瘡、天疱瘡、皮膚良性腫瘍、皮膚悪性腫瘍、SLE、強皮症、ベーチェット病、褥瘡、皮膚潰瘍、熱傷など

診療体制

外来受付:平日の月~金曜日 8:30~11:30
手術日:木曜日の午後

※入院での治療も行っております。

外来予約について

皮膚科では、紹介状のある初診患者さんと再診患者さんにつきましては予約をお取りしております。紹介状のある初診患者さんは、包括医療支援センター(地域医療連携室・相談支援センター)にお問い合わせください。
予約のない患者さんは、受付順で診察いたします。

※火曜日の奥山教授の外来は、原則として紹介状のある患者さんのみ、完全予約制です。

スタッフ