LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

診療内容

救急科は救急患者さんの初期診療を行います。緊急性があるかないかの判断を行い、緊急性があると判断された患者さんは、優先して検査、処置、手術治療を受けることとなります。また、入院が必要な患者さんは全て専門の担当科に振り分け、重症度に応じて、HCU、一般病棟、地域包括病棟への入院の手助けを行います。また、軽症の患者さんで、救急性のない場合は、お待たせする可能性もありますが、救急科での診察後、投薬、処置を行い、後日専門科の受診をおすすめします。

診療実績

年度 救急車受け入れ数 日勤帯救急患者数 時間外患者数 救急入院患者数
平成25年 1337 7291 4317 2540
平成26年 1532 7754 4716 2869
平成27年 1533 7891 4766 2780
平成28年 1798 7237 5399 2477
平成29年 1883 7165 5454 2067

詳しくはこちら

診療体制

救急科は平成25年4月に開設されました。救急科医師(平日日勤帯のみ)および各科の救急協力医により、平日、夜間、休日を問わず、迅速な診断・診療をモットーに、いつでも救急患者さんを受け入れる体制を整えています。また、松本広域医療圏の内科、外科、小児科の2次救急(輪番制)も受け持って地域に貢献しています。

その他

開業医の先生方からの、緊急治療のご依頼も、病診連携を通じて救急科が承っておりますので、お気軽に電話等でご紹介ください。

スタッフ