LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

診療内容

当センターの耳鼻咽喉科では耳・鼻・咽喉頭(のど)の一般的な耳鼻咽喉科領域の疾患をあつかっています。耳・鼻・咽喉頭(のど)は孔のなかです。孔の奥を見るためには器具が必要です。従来から使われている額帯鏡もそのひとつですが、近年、顕微鏡・内視鏡などの光学機器が進歩し、より正確な所見をとることが可能となっています。またモニターに画像を出してご本人やご家族にも見せることが出来ます。

主な疾患の入院・手術の流れ

  • 突発性難聴は外来で治療する場合もありますが、難聴の程度などによっては5~10日の入院となります。
  • 扁桃など咽喉頭の炎症が強く、高熱・痛みのため食べれない場合には3~7日の入院となります。
    扁桃炎から周囲炎、さらに周囲膿瘍に進展した場合には穿刺や切開による排膿が必要となる場合があります。
  • 扁桃炎を繰り返す場合には1週間程度の入院の上、手術を行います。・・・口蓋扁桃摘出術
  • 慢性副鼻腔炎で保存的治療でも治らない場合には1週間程度の入院の上、内視鏡下の手術を行います。・・・内視鏡下鼻副鼻腔手術
  • 顔面神経麻痺・めまいの場合、症状の程度によっては3~7日の入院が必用となります。

診療実績(平成28年度)

外来患者 新患数424人、再来数2445人
入院患者 新入院数82人
手術件数 124件

入院主要疾患の病名及び患者数

突発性難聴 17
急性扁桃炎 10
めまい 7
慢性副鼻腔炎 7
扁桃周囲炎・膿瘍 6
声帯ポリープ 5
顔面神経麻痺(ハント症候群) 5
鼻出血 4
急性喉頭蓋炎 3
耳下腺腫瘍 3

主な手術と件数

内視鏡下鼻副鼻腔手術 13
鼓膜(排液・換気)チューブ挿入術 5
声帯ポリープ切除術 5
口蓋扁桃摘出術 4
耳下腺浅葉摘出術 2
顎下腺摘出術 2

診療体制

常勤医は1名です
外来は午前中のみで、月・火・木・金曜日は一般診療日で、(第1・3)水曜日は特殊診療日です。
特殊診療では小手術、生検、時間を要する処置・検査を行っています。
全身麻酔の手術は(第3)火曜日の午後と(第2・4)水曜日の午前に、局所麻酔の手術は水曜日の午後に行っています。

スタッフ