LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

まつもと医療センターは、平成30年5月1日に松本病院と中信松本病院が統合し新たな病院となりました。救急医療・がん診療・各種専門的医療から障がい児(者)医療を担っています。看護職には、急性期から慢性期という幅広い医療に対応できる能力が必要とされます。看護職員は両病院で培った互いの看護の専門性を発揮し、力を合わせてまつもと医療センターの更なる看護の質向上を目指しています。
当院には教育担当の副看護部長・看護師長を中心に、看護職一人ひとりの成長を尊重した“育ち育て合う”環境があります。幅広い医療に対応できる看護のジェネラリストに成長した折には、大きなやりがいや看護の楽しさを感じたり、自らの成長を実感したりすることができます。また、その先にはスペシャリストへの道も広がります。
新しく生まれ変わったまつもと医療センターの看護を一緒に創りあげていきましょう。

看護部長  佐藤朋子

看護部の理念

私たちは、看護の専門職として質の向上に努め、安全で安心な誠意ある看護を提供します

看護部の基本方針

  1. 私は、看護の倫理・責務に基づき安全で安心できる質の高い看護を提供します
  2. 私は、質の高い看護実践のために、研修・研究により自己研鑽を重ね能力開発と向上に努めます
  3. 私は、人間性を尊重し、自立・自律した看護師等として働ける職場環境を作ります
  4. 私は、経営に看護の視点をもって参画します

看護部の概要

病床数

458床

看護体制

12看護単位

病棟数10、外来1、手術室1

看護方式

固定チームナーシング・継続受け持ち制

夜勤体制

二交替・三交替