LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

平成28年4月1日より、厚生労働大臣が指定する『DPC対象病院』として『包括払い(DPC/PDPS)方式』による入院診療費の計算方法を実施しています。

入院診療費(DPC)について

医療費の計算方法について

 ●医療費の計算方法について
 東4・東5・西3・西4・西5病棟 『包括払い(DPC / PDPS)方式』
  当院では、平成28 年4 月1 日より、厚生労働大臣が指定する『DPC 対象病院』として上記病棟では、
  『包括払い(DPC / PDPS)方式』による入院診療費の計算方法を実施しています。
  DPC 対象病院に指定されると、病気の種類や行った手術・処置等の有無、
  合併する病気の有無等によって1 入院で1 病気を決定し、その病気ごとに厚生労働省が定めた一日当りの
  入院費が定額となる『包括払い(DPC / PDPS)方式』となります。
  この方式では、入院患者さんの病気や病状をもとに、処置などの内容に応じて、
  包括評価部分(投薬、注射、検査、処置等)と出来高評価部分(手術、食事、リハビリテーション等)を
  組み合わせて入院診療費を計算することになります。
  なお厚生労働省で指定された一部の病気につきましては、『出来高払い方式』となります。

 ※『包括払い(DPC / PDPS)方式』の診療内容について入院中の治療として必要と判断される
   診療行為は従来どおり行ってまいりますが、DPC 対象病院として主治医の判断(緊急度等)により、
   必ずしも入院中に行わなくてもよいと判断した診療行為については、退院後に外来受診していただいたり、
   外来で実施できる検査等は入院前後に実施することもあります。
   ご理解とご協力をお願いいたします。
  東6病棟(障害者病棟) 
   診療行為によってそれぞれの診療報酬の積上げた合計を入院診療費として計算する『出来高払い方式』です。
  東3病棟(地域包括ケア病棟)
   病気の種類に関係なく一日当たりの基本の医療費が定額となる「包括払い方式」ですが、
   手術など一部の医療費、食費などは「出来高払い方式」となります。
   重症心身障害児者病棟(西1・西2) 療養介護事業ひだまり(東6病棟内の指定された30 床)
   障害者病棟として出来高払い方式の医療費に加え、福祉施設としての福祉サービス利用費が算定されます。
   高額療養費制度や特定医療費の制度は使わず、療養介護医療の自己負担分をお支払いただくことになります。
  ●入院中の食事にかかる費用の一部負担があります。
   なお、急に外出・外泊された場合は、食事負担をいただく場合があります。
  ●交通事故等の第三者行為による場合は、保険適用にならない場合がありますので、
   ご心配の方は、入院7番窓口(入退院ご案内)にご相談ください。



お支払いについて

 平日は外来棟7番窓口でお支払手続きをお願いします。
 土・日・祝日・時間外(17:15 ~翌日8:30)は外来棟2の入り口にある
 「時間外受付」でお支払手続きを承ります。
 ●当日の検査等により、退院後に追加請求させていただく場合もありますので、ご了承ください。
 ●支払い済みの領収書は確定申告などの際、必要になることがあります。
  再発行できませんので、ご自身で大切に保管してください。

 1.入入院院中のさ会れ計(る退院時がの決ま持ってちい物ない方)
  ●前月分の入院費について、毎月12日頃に請求書をお渡しします。
   ( その頃以前に退院になった場合は退院日になります)
   請求書でご不明なことがありましたら入院7番窓口(入退院ご案内)にお問い合わせください。
  ●請求書を病室までお届けいたしますので、支払期日までに7番窓口(お支払の方)でお支払いください。
   銀行振込の場合は、振込手数料が自己負担となりますので、あらかじめご了承ください。

 2. 退院日の会計
  ●退院前日に医事(入院)担当者が概算額をお知らせにあがります。
  ●退院時のお支払いは、7 番または時間外受付で精算し、
   退院手続き完了通知書を病棟に提出してください。

 3.預り金について
  ●自由診療並びに連帯保証人を有さない患者さん(支払保証がある場合は除きます)
   入院時に別途預り金として納入をお願いすることとしております。
   また、急な退院などで後日精算となる場合でも一部をお預かりすることができます。

 4.実費徴収のご案内
  下記の項目については実費の負担をお願いしております。(2019 年10 月1 日現在)

 5.ご相談
  医療費のお支払いについてのご相談を相談支援センター(包括医療支援センター)でもお受けしています。
  病棟看護師にお申し出いただくか、外来棟1 階受付でソーシャルワーカーへのご相談希望とお申し付けください。
  直接、包括医療支援センターへお越しいただいてもけっこうです。