LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

診療内容

当院では、2015年6月に血液病センターを開設され、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫に代表される造血器腫瘍、再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病など様々な血液疾患の診療にあたっています。骨髄移植に代表される造血幹細胞移植については、自分の造血幹細胞を移植する自家移植が2014年11月から開始され、兄弟など自分以外から移植する同種移植が2016年6月に開始されました。2017年3月には20床の無菌病床を含む新病棟が完成し、白血球が著明に減少する急性白血病の化学療法(抗癌剤治療)や、造血幹細胞移植もより安全に行えるようになりました。また当院は長野県のエイズ治療拠点病院に指定されており、HIV感染症の専門外来も開設しています。

診療実績(令和2年度)

悪性リンパ腫 111人
急性白血病 30人
骨髄異形成症候群 38人
多発性骨髄腫 41人
その他血液疾患 16人
同種造血幹細胞移植 4人
自家造血幹細胞移植 13人

診療体制

病棟診療は血液内科医7名(専門医4名)を中心に、多職種と力を合わせてチーム医療を行っています。また外来診療は非常勤医師2名を加え、月から金まで毎日行っております。他の医療機関からご紹介いただく場合は、原則予約を取っていただいておりますが、緊急時は柔軟に対応させていただきます。

がん情報

造血器のページへ

その他

日本成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)、NHOネットワーク研究など、多施設共同研究グループにも積極的に参加し臨床研究も行っています。

スタッフ