LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

診療内容

一般撮影、X線透視、血管撮影、CT、MRI、ガンマカメラ(核医学装置)等の画像診断装置を管理・維持し最適な画像を提供します。

放射線治療装置(エネルギー 10MeV)を管理・維持し最適な放射線治療を提供します。

常日頃から、質の高い画像診断、放射線治療を心掛けます。

PACS(画像保存通信システム)を有し、モニターによる迅速な画像観察と診断を可能にします。

診療実績(令和2年度)

CT撮影 11,418件
MRI撮影 3,400件
放射線治療 2,439件
血管撮影 173件
RI撮影 642件

診療体制

放射線診断医 常勤2名、放射線治療医 非常勤1名を配置し、EBM(evidence-based-medicine:根拠に基づく医療)の提供に努めます。
診療放射線技師11名を配置し、患者さんにやさしい、安心で安全な医療の提供に努めます。

その他

一般撮影装置・X線テレビ装置はフラットパネルが装備され、低被ばくの撮影を心がけています。

CT装置は64列、デュアル・エネルギー撮影に対応、コントラストの高い画像が得られます。また逐次計算による再構成コンピューターを装備、低被ばくの撮影ができます。

血管撮影装置はコーンビームCT機能を有し、精度の高い診断と治療が行えます。
核医学装置はSPECT-CTで吸収補正が可能、またRI画像とCT画像の画像融合ができます。

放射線治療装置(IGRT装備)による、精度の高い放射線治療を行っています。また、この装置は全身照射に対応しています。

装置の画像(CT・血管撮影・核医学・放射線治療)

スタッフ