LOADING
独立行政法人国立病院機構 まつもと医療センター

診療内容

当センターの呼吸器外科では肺や縦隔、胸壁などの疾患に対して外科治療を行っています。3人の呼吸器外科医が呼吸器内科医、放射線治療医と協力して、チーム医療を基本とし診療を行っています。治療対象となる主な疾患には、肺がん、気胸、膿胸、肋骨骨折などの胸部外傷、胸腺腫などの縦郭腫瘍、胸膜中皮腫があります。また、限られた患者さんではありますが、転移性肺腫瘍(他臓器原発のがんが肺に転移したもの)を外科治療することもあります。当センターは呼吸器外科基幹施設として認定されていて、年間約110例前後の呼吸器外科手術を行っています。患者さんの早期社会復帰を目指して、体に負担の少ない低侵襲な胸腔鏡手術を基本としております。外科治療の後に追加して薬の治療(抗がん剤など)や放射線の治療が必要な場合にも、引き続き呼吸器外科医が治療にあたることがあります。

診療実績(令和2年度)

肺悪性腫瘍 53件
気胸 30件
膿胸 5件
縦隔腫瘍 4件
その他 63件

診療体制

常勤の呼吸器外科医3名によるチーム医療を行っています。外来は呼吸器外科専門医2名が毎日交代で午前・午後と診療を行っています。手術日は原則、水曜日と金曜日です。入院患者さんの診療(回診)は、平日は午前・午後の2回、土日は午前1回行います。また、気胸や肋骨骨折などへの緊急対応は、夜間や休日でも呼吸器外科医が対応できるように体制を整えております。

その他

当センターでは、小さな肺がんを安全に切除するため、全国に先駆けて術中超音波診断装置を用いて肺部分切除や区域切除などの外科治療を行っています。

また、国立病院機構ネットワーク研究機構(NHO)、北東日本研究機構(NRJ)、胸部腫瘍臨床研究機構(TORG)、信州大学研究グループなどに参加し、呼吸器疾患に対するより良い治療法の研究に協力しています。革新的な新しい治療法に適応がありそうな患者さんには治験へのご参加をご案内させていただくこともあります。

当センターは、日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営する肺癌登録合同委員会主催の、第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査に協力しています。登録症例の解析結果をもとに、最新の肺癌治療成績を把握し、今後の肺癌診療に活かしていく予定です。研究計画書は、事務局である大阪大学 呼吸器外科学のホームページにも掲載されていますので、必要な場合はご確認ください。個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。

がん情報

肺がんのページへ

参考文献

(アンダーラインは当院医師)

#1

  1. Kondo R, Yoshida K, Kawakami S, Shiina T, Kurai M, Takasuna K, Yamamoto H, Koizumi T, Honda T, Kubo K.. Different efficacy of CT screening for lung cancer according to histological type: Analysis of Japanese-smoker cases detected using a low-dose CT screen. Lung Cancer. Vol 74, No 3, 433-440. 2011.
  2. Kondo R, Yoshida K, Kawakami S, Shiina T, Kurai M, Takasuna K, Yamamoto H, Koizumi T, Honda T, Kubo K.. Efficacy of CT screening for lung cancer in never-smokers: Analysis of Japanese cases detected using a low-dose CT screen. Lung Cancer. Vol 74, No 3, 426-432, 2011.
  3. Sone S, Nakayama T, Honda T, Tsushima K, Li F, Haniuda M, Takahashi Y, Hanaoka T, Takayama F, Koizumi T, Kubo K, Yamanda T, Kondo R, Fushimi H, Suzuki T. CT findings of early-stage small cell lung cancer in a low-dose CT screening programme. Lung Cancer Vol 56, p207-215, 2007.
  4. Sone S, Nakayama T, Honda T, Tsushima K, Li F, Haniuda M, Takahashi Y, Suzuki T, Yamanda T, Kondo R, Hanaoka T, Takayama F, Kubo K, Fushimi H. Long-term follow-up study of a population-based 1996-1998 mass screening programme for lung cancer using mobile low-dose spiral computed tomography. Lung Cancer Vol 58, p329-341, 2007.
  5. Sone S, Matsumoto T, Honda T, Tsushima K, Takayama F, Hanaoka T, Kondo R, Haniuda M. HRCT features of small peripheral lung carcinomas detected in a low-dose CT screening program. Academic Radiology Vol 17, No.1, p75-83, 2010.
  6. Sone S, Tsushima K, Yoshida K, Hamanaka K, Hanaoka T, Kondo R. Pulmonary nodules: Preliminary experience with semiautomated volumetric evaluation by CT stratum. Acad Radiol. Vol 17, No 7, p900-911, 2010.
  7. Sone S, Hanaoka T, Ogata H, Takayama F, Watanabe T, Haniuda M, Kaneko K, Kondo R, Yoshida K, Honda T. Small peripheral lung carcinomas with five-year post-surgical follow-up: assessment by semi-automated volumetric measurement of tumour size, CT value and growth rate on TSCT. Eur Radiol. Vol 22, No 1, p104-119, 2012.
  8. Eguchi T, Kondo R, Kawakami S, Matsushita M, Yoshizawa A, Hara D, Matsuoka S, Takeda T, Miura K, Agatsuma H, Sakaizawa T, Tominaga Y, Saito G, Toishi M, Hamanaka K, Hashizume M, Shiina T, Amano J, Koizumi T, Yoshida K. Computed tomography attenuation predicts the growth of pure ground-glass nodules. Lung Cancer. Vol 84, No 3, p242-247, 2014.
  9. Sone S, Kondo R, Ishii K, Honda T, Yoshida K, Hanaoka T, Yoshizawa A. Performance of low-dose CT screening for detecting lung cancer at the early stage and the estimated tumor growth rate according to the smoking status/age. Japanese Journal of Lung Cancer. Vol 54, No 7, p937-946, 2014.

#2

  1. 近藤竜一、兵庫谷章、濱中一敏、藏井 誠、吉田和夫、天野純:転移性肺腫瘍手術例の検討. 日臨外会誌 第67巻 第11号 第2533頁~第2538頁. 2006.
  2. Kondo R, Hamanaka K, Kawakami S, Eguchi T, Saito G, Hyougotani A, Shiina T, Kurai M, Yoshida K.. Benefits of video-assisted thoracic surgery for repeated pulmonary metastasectomy. Gen Thorac Cardiovasc Surg. Vol 58, No.10, p516-523, 2010.

#3

  1. Miura K, Kondo R, Kitaguchi Y. Outcome of Surgically Treated Pneumothorax in Patients with Interstitial Pneumonia. Shinsu Med J Vol 65. No3. P163-170, 2017.

#4

  1. 藏井 誠山田響子近藤竜一:前縦隔腫瘍に対する胸腔鏡下手術の工夫―前胸部皮下吊り上げによる胸骨挙上法―. 胸部外科 第65巻 第11号 第973頁~第977頁. 2012.

#5

  1. Kondo R, Yoshida K, Hamanaka K, Hashizume M, Ushiyama T, Hyogotani A, Kurai M, Kawakami S, Fukushima M, Amano J. Intraoperative ultrasonographic localization of pulmonary ground glass-opacities. J Thorac Cardiovasc Surg Vol 138, No.4, p837-842, 2009.

スタッフ